GULLID ASAKURAとは

チーム情報

名   称|GULLID ASAKURA FC(グーリッド朝倉フットボールクラブ)
概   要|朝倉・筑前町在住または近郊の小学生を対象としたサッカークラブ及びサッカースクール
場   所|筑前町多目的運動公園多目的広場(花立山温泉横):福岡県朝倉郡筑前町下高場2903

代   表|原 拓也 筑前町出身の元Jリーガー
サッカー歴|三輪小スポーツ少年団三輪中サッカー部筑陽学園高等学校サッカー部ジュビロ磐田湘南ベルマーレ静岡FC
指 導 歴|FCバルセロナスクール福岡校(2009~)

チーム名について

GULLID ASAKURA FC [グーリッド朝倉]は
[grid]:より高い基準を持ち
[start grid]:スタートラインここから始まる
[good child]:魅力ある子供達に育って欲しい
という想いでこのチーム名にしました。

チーム方針

『サッカーを通じて人間形成・人材育成すること』
私自身、幼いころからずっとサッカーをやってきました。中学を卒業後、高校もサッカーをするために進学しサッカー中心の日々を送ってきました。目標でもあったプロサッカー選手にもなることもできました。現役時代では、社会の厳しさプロとして生活をしていく厳しさも教わりました。サッカー選手を引退し、一般社会に出たときに社会でも通用すると思っていましたが、世の中そんなに甘くない事も痛感しました。社会に出れば、世の中が理不尽なことだらけだと改めて感じたと共に、それでもその中で生きていかなければならない、その中でどうやって生きていくかだと思いました。

でも、サッカーしかやった事のない私でも今こうやって生きていけています。それは、サッカーがあったからです。何か壁にぶつかった時や、困ったときにその打開する方法解決策は全て知らずしらずにサッカーから教わっていました。仲間が困っていれば、サポートに行くしカバーリングするし、仲間を輝かせる為には無駄な動きをする人が必要だし、自分に矢印を向けられない選手は上にあがって行くことはできないし、全てはチームが勝つために、チームでゴールを取るために。達成できた時の喜びも含め、全てをサッカーとリンクすることで今現在こうやって生きています。私たちは子供たちにもサッカーを一生懸命することでサッカーを通じて人として、社会人として生きていけるという事を伝えていきたいと思います。

指導方針

『感謝する気持ちを持ち続ける』
当チームの指導方針は私たちコーチが子供たちに感謝の気持ちを持つこと。私たちコーチは子供たちあってのコーチであり、チームです。子供たちに教えてあげてる、やってあげているという気持ちではなく、子供たちから僕たちコーチが素晴らしい体験・経験をさせてもらっているという気持ちを持ち続ける事を指導方針としています。

子供たちのおかげで、嬉しい経験、悔しい経験、いろんな場所に連れていってもらう事ができる、沢山の人たちと出会う事ができる。私たちは日頃より『ありがとう!』という気持ちを持ちながら子供たちに関わっていきたいと思っています。