U13|TRM vsグランロッサ

日本精工グラウンドにて強豪グランロッサさんとトレーニングマッチを行いました。

オフザピッチの面でも見習うべき点が多く、いつも学びを得ている素晴らしい機会となっています。


試合内容は、先日のU-14大会から個人としてもチームとしてもフィードバックを得て、平日行ってきたトレーニングの成果を確認する場となりました。

次の公式戦の機会となるであろうリーグ戦に向けて、新たなチームオーガニゼーション(フォーメーション)やゲームモデルに基づいたプレー原則の確認と再構築など、2年目に向けての取組みがスタートしたと考えています。

高いレベルを有するチーム相手に対しても「ボールを握る」つまりチームとしてボールを持った状態でのプレー精度の向上が1つの鍵を握っています。

サッカーはゲームです。
ゲームの目的は勝つことです。
ゲームには実行手段が必要で、そのためにはサッカーの構造を理解しなければならない。

サッカーを戦っていくためにゲームモデルが指針となります。

それは、チームがフィールドで実践するプレー方法の全体像であり、4つの局面における各選手個人の役割を明確にするツールのようなものです。

年間を通して教科書を読み進めるように、積み重ねが必要な地道な作業です。

U-14、U-15、U-16と歩みを進める中で今日もまた一歩、明日もまた一歩。

近道など探さず、来るべき未来に備えて、各自前に進んで行くのみです。

「備えよ、常に」

対戦して頂きましたグランロッサ様、会場をお借りさせて頂きました日本精工様。
ありがとうございました!

試合結果
試合①|◉1−2|得点:深見葉風
試合②|◉0−2|
試合③|△1−1|得点:赤時佑麻
試合④|◉0−2

コメント記入欄

*
*
* (公開されません)