U14|ソレッソ熊本オータムカップ

10月9、10日の2日間はソレッソ熊本さんのオータムカップに参加させて頂きました。

順位を争い、競争力を持ってゲームを1つ1つ勝ち取って行く、そういった状況設定のTRの場として素晴らしいレベルの相手に対峙した2日間となりました。

ケガ人などもいて、全ての選手が揃わない中、参加した選手たちは自分のチーム内での立ち位置を確認できた事と思います。

各個人のキャラクターを発揮するためにはチームのゲームモデルとそのプレー原則は無視できない。

相手の強度が上がると精度が落ち、ボールを保持できる良い条件が揃えられない。

サッカーがゲームである以上は結果に勝ち負けがある。

新たな取り組みの精度を向上させ、次週の県リーグ昇格プレーオフ進出戦にチームとして臨みます。

「早く行きたければ、1人で行け。遠くに行きたければ、みんなで行け」

ゴールの先にある未来は、まだ先にある。

行こう、遠くまで。


開催して頂きましたソレッソ熊本様、対戦して頂きましたチームの皆様、ありがとうございました。

またよろしくお願い致します。

初日
ゴラッソ|●0−1
ソレッソ宮崎|◎2−0|安藤咲空2
TM
ゴラッソB|◎1−0|古川昌義
ソレッソ宮崎B|◎4-0|西依柊音、井野誇⻁、赤時佑麻、深見葉風
グランロッサA|●0−1
グランロッサB|◎4−0|宮本稜生2、西依柊音、横山侑雅

2日目
レヴォーナ|◎2−1|塚本一咲、宮内銀志
グランロッサ|●0−3
TM
レヴォーナB|◎9−0|三善 悠翔3、東朋也、 宮内銀志2、野元幹太、赤時佑麻、肥後侑真
グランロッサB|△2−2|野元幹太2

コメント記入欄

*
*
* (公開されません)