U13|U14クラブユース選手権予選2日目第2節

昨日に引き続き筑後広域公園人工芝グラウンドにてU14クラブユース選手権予選に参加しました。

第2節 アビスパ福岡 戦

結果 ◉0−1

前日に引き続き、守備対応の時間を多く取られ、攻撃のフェーズに移行してもうまくプレス回避ができず、結果ボールを失う回数が多くなる苦しいゲーム展開となりました。

選手たちは事前のミーティング内容に基づき、戦略的にも良くプレーできていましたが、僅かな集中の切れ間を突かれ失点してしまいました。

守備対応は基本リアクションとなり、上手に主導権を奪い返し、チーム全体でアクションとしてボールに攻撃できないとトランジション後の攻撃時にパワーを発揮することが難しくなります。

それでも、チーム全体で少ないながらも攻撃に転じ、相手ゴール前に迫るシーンもありました。

昨日のゲームもそうですが、守備はディテールまで詳細に突き詰めて粘り強く対応することが求められます。

また、攻撃のスタートとして相手プレスの1stラインを超えるプレー選択とそのスキルが求められます。

昨日に引き続き、レベルの高い相手から多くを学べた良い機会でした。

対戦して頂きましたアビスパ福岡のみなさま、ありがとうございました。


コメント記入欄

*
*
* (公開されません)