U13|TRM vs ルーヴェン

本日は雁の巣にてルーヴェン福岡さんとトレーニングマッチを行いました。

強度が高く、曖昧さを最小化し、プレー精度を高くしないと得点が奪えない内容となりました。

ゲームメイクできるポジションを多様化し、タスクを明確にする。

大切なのはポジションでなはく、そのタスクであることを前提とし、共通理解を深め、共有する。

その作業にプレーの言語化は必要だと考えています。

ただ、言語化し過ぎると選手が考えなくなるので、プレー選択にバッファを持たせ、適時最適解を探す作業における選手の決断を促さなければなりません。

ゲームモデルは最大限のパフォーマンスを引き出すチームの「ガイド」である。

ガイドは関わる選手達にとって理解しやすく、そのデザイン性を共有し、みんなで楽しめるものでないといけなーっと感じた有意義な1日となりました。

会場準備および対戦して頂きましたルーヴェン福岡のみなさま、いつもありがとうございます!


試合結果
試合①|◎1−0|得点者|塚本一咲
試合②|△0−0
試合③|◎3−0|得点者|山方翔大2 佐藤羽翼
試合④|◎2−0|得点者|石橋大和  赤時佑麻

コメント記入欄

*
*
* (公開されません)