U13|TM|グランロッサ

本日10月3日(日)は非常事態宣言解除後、筑前町多目的グラウンドにてグランロッサさんとトレーニングマッチを行いました。

チームとしての攻撃のスタート、個人とグループでの守備対応の向上と確認をすべくゲームに臨みました。

インテンシティが高く、テクニカルな相手に守備の時間帯が続く中、以前と違った粘り強い守備、そしてプレス回避行動も改善傾向が見られました。

U14の選手たちとは異なるキャラクターを持つU13の2期生の選手たち。

サッカーがゲームである以上、勝ちには拘らなければならない。しかし勝ちに囚われると大切なプロセスを見失い、スコアや事象の結果が主な評価対象となってしまう。

プロセスは行動目標。

結果は成果目標。

いずれも大切な目標。

しかし、選手たちは育成年代であり、学びを重視し、サッカーを楽しみながら競技力を向上させていかなければならない。

U13クラブユース大会も間もなくやってくる。

2年後、彼らもU15になる。

選手の持っている能力の最大化。これが我々スタッフの使命。

少しずつだが、前に進んでいる。選手たちのモチベーションも高い。また平日のTRで学び向上し、週末を迎えよう。

対戦して頂きましたグランロッサの皆さま、ありがとうございました。


試合結果
試合①|△1−1|西依
試合②|●1−3|鬼木
試合③|◎1−0|大賀
試合④|△1−1|森山

コメント記入欄

*
*
* (公開されません)