U14|TM3連戦

2月11〜13日はグローバルアリーナ、グリーンピア八女にて多くの強豪チーム相手にトレーニングマッチに参加させて頂きました。

多くのチームが現U14がジュニアユースのトップチームへと移行し、各チーム監督が指揮を取るまさに最終学年へのスタートを感じる3日間となりました。

ディテールの質に向上が見られず、個としてそこに取り組むモノと目を背けるモノが明確となり、ここから差が付くのか、それとも自分を超えて更なるステップアップをしていくのかを測る本当に意義ある経験値と感じています。

誤魔化しやアバウトな展開、スキルを許してくれない相手。

各チームの基準が引き上げられ、ゲームモデルの精査/精度のブラッシュアップが加速域に入る時期だと強く感じました。

停滞は後退を意味する。

我々も歩みを止めず、加速的に前に進みたい。

3日間、対戦して頂きましたチームの皆さま、ありがとうございました。

コメント記入欄

*
*
* (公開されません)