U-15TM vs アビスパU-15B

U-15TM vs アビスパU-15B

『ピッチで自立する力』

9/3(土)のナイターでアビスパさんとトレーニングマッチ。

1stグループのU-14選手たちはアビスパカップ予選会のため、U-15選手のみで参加。

自己の能力と相手の能力を相対的に見極め、自分たちが最終スコアで、相手を上回る事を前提とし、ゲームプランを必要に応じて修正し、コート内で自己修正を行うのがサッカー。

言わば自立した選手であるか、自己解決能力があるかが、勝負の分かれ目であったと感じたゲームでした。

高円宮杯を過ぎれば、その先は次のステージへの準備期間の色が濃くなる。

15歳という時間はサッカー選手としても、とても大切な時間。

世界の入口に立てる年齢。

中学生に教えるという感覚のみならず、15歳に教えるというワールドスタンダードからの視点を忘れず、残りの時間も共に有したい。

まだ学び、習得すべき項目は続く。

停滞は後退を意味する。

今一度、この意味を噛み締めて前に進みたい。

試合結果30min×3本
○3-0 勝ち
⚪︎0-2 負け
⚪︎1-3 負け

コメント記入欄

*
*
* (公開されません)